野菜で体も心も快調です

一人暮らしをしていた頃、吹き出物が常に顔に現れていた時期がありました。
その頃は食事に気を遣わず、チャーハンくらいしか手作り料理を食べた記憶がありません。

やがて結婚をして子供が生まれ、料理は苦手ながらも食事に気をつけるようになりました。

お肉は外食や外で買ったお弁当で食べる機会が多いのと、さっと調理ができるのでいざという時のお助けメニューと考えています。
普段は野菜と魚を意識して多く取り入れています。

幸いにして子供はふかしただけのジャガイモや焼き魚を喜ぶので、それら比較的簡単に用意できるものと手間のかかる白菜サラダなどを組み合わせています。

以前栄養学の本を読んだこともありましたが、細かいバランスを考えながら献立を決めるのが手間で諦めました。
魚または肉料理と野菜料理を2、3品にご飯とお味噌汁です。

結婚以来これを続けていますが、吹き出物も出なくなり、食後は満腹感というよりも満足感を覚えるようになりました。
食べてきたものが自分の体を作っているのだと実感しています。