「野菜を食べなきゃ」と考えることにも意味がある

野菜を食べなかった時には身体に様々な支障をきたします。
ビタミン摂取や食物繊維は身体にとって欠かせない栄養素。
だから野菜は食べなくはならない食材と心得ましょう
そして、それを心掛けること自体が既に健康効果となっています。

「野菜を食べよう」と考えれば、どんな献立にしようかと頭を捻ります。

季節のものにしようか。
生のままで食べようか。
それとも煮込んで温まりながら食べようか。

そんな思考が全て「食べる」ことの楽しみに繋がります。
食は楽しんで食べるからこそ、栄養になるのです。

また、野菜の繊維をよく噛むことも、実に健康的な行為です。
噛めば唾液が出て、消化を助ける結果に繋がります。
そして肉類と異なり、野菜は様々な歯応えが感じられます。
この固い、柔らかいなどと感じながら噛むことが食事に大きな満足度を与えてくれるのです。

煮てもよし。
生でよし。
ジュースにしてもよし。

野菜は様々な表情で私達の栄養摂取を支えてくれています。
「野菜を食べよう」と心掛けることは、健康への意味ある一歩となるのです。