肌の老化対策などお構いなしだった30歳までの日々

30歳を越えてから、顔の「毛穴」がとても際立ってきました。
今は携帯電話の内蔵カメラも優秀で、大きくして見るとほっぺたの毛穴部が目を背けたくなるくらいです。
毛穴状態が雫みたいに目立っていて、サイトで確認したら加齢肌で弾力性が衰えていることが原因だとか。

振り返ってみれば、肌の老化対策などお構いなしだった30歳までの日々。
その報いが、こんなにもハッキリと現れるなんて思いもしませんでした。

肌の老化対策にはモイスチュア効果がポイントらしいので、早速、高保湿の基礎化粧品に変更しました。
オイル状の保湿剤をつけるようになったのも、肌の老化防止のためなのです。

その他、一定のスパンで顔パックをし始めました。
のんびりとバスタイムを楽しみながらフェイスパックを行います。
入浴中にフェイスマスクをやると、シートがカサカサにならずずっと水分を保持した状態ではってられます。

最近は、持ち合わせている美容ローションで「パック」を行ってますが、風呂上がりももっちり肌になっています。
美容液の浸透力も高まるみたいで、お風呂でパックは二、三日に一回くらいで続行しています。

キレイな肌を保つためには第一に日頃の洗顔をちゃんとすることだと思っています。
素肌美人になるためには高価なスキンケア商品よりもクレンジングが重要だと思っています。
毛穴に入った汚れを洗い流すことや余分な角質を除去する事が、新しい肌を作る為に重要なのです。

若い頃は帰りが遅くなってしまったり、疲れている時などは化粧をしたまま眠ってしまうような事がありました。
けれどもそんな時は手入れを怠ってもこれと言って肌が荒れたりということはありませんでした。
しみとかソバカスはできませんでしたし、次の日の朝の顔色だとか、化粧のりが悪いなんて気にもなりませんでした。

けれどもその頃のつけが今になって回ってきた感じがしています。
ここ最近は夜にメイク落とし専用のオイルできちんとメイクを落として、定期的に顔も剃って余分な角質などを取り除いています。

顔に産毛が生えていると顔色が悪いように見られたり、産毛に汚れや菌が付着して肌あれや湿疹等の問題を起こすこともあります。
そのためいつもお肌は清潔に保ち、汚れや菌がつかないようにツルスベを維持するようにしています。

私はもう若くは無いので、美容と健康は人より気を付けているつもりです。
と言いましても、時間もお金もかけたくありませんから、なるべく毎日の生活に無理しない程度に出来る事を継続して実践することで効果が出るようにしています。

美容においてわたくしが気を使っているのは食事面と運動のみですが、初めに基本となる食事に関して。
ご飯やおやつは絶対に午後9時までにしています。
毎食3食決まった時間に食べるようにし、脂っこいものを控え野菜を必ず取り入れ、最初のひと口は野菜を摂っています。

間食は極力しないようにし、どうしてもの場合はドライフルーツやナッツ類で済ませます。
それと水分と果物をたっぷり摂り、お風呂から上がったら美容成分の入っているヨーグルトを食べます。

あと運動に関しては、毎朝早起きをして軽くヨガをします。
身体が柔軟になり女性らしさが増してきますし、気持ちも落ち着きます。
夜は湯船につかったときに足・腕などマッサージして、風呂から上がってからストレッチングをします。

これらを毎日続けてやることでからだにリズムが出来るので、体内機能がアップしやすくなるので、脂肪を消費しやすくなり、内臓も元気になり、美容面でも効果的というとてもいいリズムを作ることが出来ます。