4才の子供から「ママくさーぃ」と言われてしまった…

ある日、幼稚園にあがりたての4才の子供から、「ママくさーぃ」なんて言われたのです。
その時には焼き魚を作っていたので、多分さかなを焼いた時の独特な魚臭いにおいの事ではないかと思い、気にもとめませんでした。

けれども、数日後に子供が「くっさーぃ」と言っていたので何のニオイが臭いのか聞くと、原因は私でした。
それも足!衝撃を受けました。

私自身くつしたというものが好きではないので、出かけるときは履いて、家ではくつしたを脱ぐのです。
それがいけなかったのかはわかりませんが、私よりはるかに背が小さく、足の近くに顔がある為、すぐ近くでクサい臭いがしたため、耐えられずクサいといったのだと考えられます。

それからというもの、家でもクツシタを履くようになったのです。
あとは汗ふきシートを手に入れたので、まめに拭くようにして、風呂場では丁寧に足の指と指の間まで洗うように心がけました。
それ以来、息子から変なにおいがするといわれなくなったのです。

一日中足を突っ込んだままで汗をかいた靴を脱ぐと、それはそれはイヤな悪臭がぷ~んと・・・。
こういったものは典型的な体の臭さですよね。

ですが、暑い季節に出掛けてうっすらと汗をかくと、隣にいる人などにどんだけ匂いがバレるんでしょうか?
汗が落ち着くまでは、そんなに臭気をかんじませんが、少し経つとどうしても汗臭く感じる。
そう思った時はすでに近くの人を不快にさせるような匂いをさせてしまっているのなら、一刻も早くデオドラントスプレーをシューッとやりたいですね。

ただ、制汗スプレーはお高めなので、なるたけ使う回数をへらしたいとも考えています。
万が一、ちょっと汗ばんだくらいの体臭では気にならないという人の方が多ければ・・。
と想像していくうちにあれ?体臭そのものの意味は?と思ってしまったのです。

普通に考えれば「体から立つニオイ」という事でしょうが、今時お風呂にはいらない人は、殆どいないと思います。
その時に、洗髪料や固形石鹸などを使う人が大多数でしょう。

となると、それはもう石鹸などの匂いであって、「体臭」じゃないと思います。
或いは、石鹸などの「香り」+自身の汗臭や脇臭など=「体のニオイ」なのですか?等と自分自身のくっさーい両足を綺麗にしながら色々と考えてしまいました。

私は仕事柄、ラバー軍手を履いて作業をすることがあります。
どんな軍手かといいますと普通に売っている布製の軍手とは違い、ゴム素材で覆われている為に、重たいものを運ぶときに滑りにくいため、現場では欠かすことのできない道具です。
ですが、通気性が悪いので湿気が籠るといった難点もあります。

特に暑い夏は、立っているだけで汗をかくので、なおさら手汗のニオイが気になってきます。
当然、出来るだけ臭ってしまわないようにマメに洗濯はしているのですが、洗っただけでは匂わなくするのは難しいです。
一遍、ラバー軍手に染み込んだ汚れは、非常に頑固です。

何をやっても汚れやにおいが落ちなかった場合、軍手自体を購入しないとダメなのですけど、三日で汚れる場合もある為、いつも新調していては費用もかさんでしまいます。
取り敢えず私がやっている事は、使ったらすぐに外で乾かすようにしていますが、帰宅時間は夜なんですよね。
なかなか難しいものです。

臭いって思われてないかなと不安を感じる時ってありませんか?わたしもたまに不安になるときがあります。
夏の汗が出やすい時もですが真冬などの出先での臭いもなかなか気になるものです。

寒い時期は何となく発汗しなさそうに思えますが、現実にはけっこう汗をかくものです。
防寒対策をして外出しビルなどの暖房がよく効いた場所に行くと、一気に汗が吹き出します。

去年私自身結構そんなことがあって、知らぬ間にオーバーコートにまで汗臭が染み込んでいました。
上着は簡単にクリーニング出来ないので、衣類用消臭スプレーなんかを試しましたが、超強力消臭と言われているものでも汗の臭いは取れませんでした。
それで苦労したので、今回はインナーウェアをチェンジしてみました。
ダウンを着る場合は中の服は薄めにする。

また肌着は保温下着ではなく、綿100%や綿混素材など、汗をよく吸うものを利用するようにしました。
今のところ汗ばんできても、ジメジメ感が続くような事はありません。
その為上着類にも汗臭が染み付くようなことはなく、快適に寒い季節を過ごせています。

何かと心配な体臭。
寒い時期も油断大敵ですよ!