恋愛が長続きする為の秘訣と私の体験談

私は今の夫と5年付き合って結婚をしました。
それまでの彼氏とは、3か月とか半年とか比較的短期間で別れてしまう事が多かったので、今の夫が1番長く恋愛が続いた人という事になります。
恋愛が長く続く為ににはお互いの相性も大切だと思いますが、夫との付き合いの中でいくつか秘訣があるのではないかと考えました。

まず、夫と付き合っていた時に心がけていた事はお互いが干渉しすぎないという事です。
それまで付き合っていた人とは、束縛や嫉妬が原因で喧嘩になって別れるパターンが多かったのです。
相手の事が好きで束縛する事は、度が過ぎてしまうとただの重荷になってしまう事が多いと学びました。

そこで夫と付き合っている時には、夫を信じ切るように自分に言い聞かせて、友達との飲み会や旅行にも快く送り出していました。
ベタベタな関係過ぎる事を嫌う夫にとっても私との関係は心地よい距離感だったようです。

恋愛が長続きするコツは、当たり前の事ですが相手の立場にたって相手の嫌な事はしないよう気を付ける事、そしていつまでも相手にとって心地よい存在でいられるよう努力する事ではないかなと思います。

私の親は私が13歳の時に離婚をしてしまって、そのころ心を閉ざしてしまって暗い中学生でした。
でも中学の同級生で隣の席になった男子生徒が、穏やかで優しい話し方をする人でしたので、好きになってしまったのでした。
そのころは彼に片思いをしていましたが、卒業式の前の日に彼に自分の気持ちを書いた手紙を渡して終わりだと思っていました。

でも高校生になって彼から、手紙がきてデートするようになりました。
私は彼と手を繋いで歩くだけで幸せでした。
でもそんなデートも1年で終わってしまいました。

高校を卒業してOLになって仕事が忙しくて彼と会うこともなくなりました。
でも他の人と結婚しても結婚生活がうまくいがずに、彼のことばかり考えるようになり離婚しました。

現在では初恋の彼と再会してと仲良く大人の恋愛をしています。
彼との恋愛を長続きさせるためには、とにかく彼のことを信じることだと思っています。
彼はプロのカメラマンですが、真面目で優しい人です。

恋愛というものは、ちょっとしたことで終わってしまうことも多いです。
それは、他の人の目から見れば、なんとも他愛ないことだったりします。
したがって、恋愛を長続きさせるためには、少しのことには目をつぶることも必要だと考えます。

長い間付き合っていれば、相手のマイナスの面も見えてきます。
そして、いわゆるすれ違いも起きるのです。
でも、こんなことで別れてしまうのはもったいないといえるでしょう。

相手の良い面をみつけるようにして、それを認め合うことが求められるのです。
そうすれば、会うことが楽しみにもなるのです。
そして、ときめきにもつながるといえます。

ある程度の期間、付き合うことができたというのは、いわゆるフィーリングがあっているという証拠です。
この気持は大切にするべきでしょう。
フィーリングがあうのならば、付き合いも長続きするといえます。

ちょっとしたことで別れることを考えるのは、やめたほうがいいといえます。
たまには嫌なこともあるのだと自分に言い聞かせるといいでしょう。

彼のことが大好きなのに嫌われてしまう、なんて経験はありませんか?

恋愛を長続きさせるために大事なのは、「彼といる時間を幸せに過ごす」ということ。

男性は好きな女性が、隣にいて嬉しそうにしくれていれば、それだけで満たされるものなのです。

だからといって、自分を偽るのではありません。
自分を持っていない女性はやはり飽きられてしまいます。

大切なのはお互いを尊重し、してもらったことにはきちんとお礼を言うこと。
男性は女性に感謝されることがとても嬉しいものなのです。

また受け取ることばかりを求めてはいけません。
時々、手料理などでお返しできると尚いいですね。

喧嘩をする時もあるでしょう。
そんな時は感情的になりすぎず、相手を責めるのではなく、悲しかった、傷ついたということを伝えましょう。
そして解決するまで、よく話し合いましょう。

うやむやにしてしまうと、しこりとなって後々大爆発する恐れがあります。
大丈夫。あなたは十分に魅力的で愛される価値のある女性ですよ。

参考:リビドーロゼ 口コミ