サカナの缶詰が素晴らしいことに最近気付いた

お魚料理を食べたいと思うのですが生のお魚を使って料理するのが億劫・・・。
生魚の臭みが気になるし調理器具にも生臭いニオイが付いて買おうという気がおきません。

ですが魚は美容にも健康にも欠かせない食材。どうしても食べたいと思って近ごろ気づいたのはサカナの缶詰が素晴らしいと言うことです。
調理した魚を缶詰にしたものは完璧です。味付も誰もが好むように上手に仕上がっているし、なんと言っても骨まで食べられるように調理されています。

圧力鍋でお魚を料理すると魚によっては骨まで柔らかくなって丸ごと食べられます。魚のカン詰めも同じように調理してあるので大きな骨も全て食することができるのです。

魚の骨にはカルシウムがいっぱい!魚の身からは豊富なタンパク質が補えます。お魚は人のからだを作ってくれる欠かせない食材だからこうやって取り入れればいいんだと気付いたのです。

最近ではサバの味噌煮や鯖の醤油煮をしょっちゅう食べています。おかずとしても優秀です。

ハタチくらいの頃は、警戒心無く紫外線にあたり、30歳の頃には育児に没頭、40代になったらなんとか自由な時間が少しずつでてきました。美容については興味を持ってはいましたが、とりあえずのスキンケアで十分という感じ。

ただ、四十歳を超えるとそうも言っていられません。しみ・しわ・くすみと課題は増えていく一方。

第一に、ストレスを解消する事。イライラしているとニキビなど肌が荒れてしまいます。
お風呂の中でゆったりとくつろぐ。音楽を聞いたりすると優雅な気持ちになる。短時間でも幸せな時を過ごせるので、ゆったりした気持ちになる時間を作る。

寝る時間はしっかり確保できるように心がける。本当なら7時間くらいはとりたいところだけど、流石にムリなので、夜の十時には寝るようにして、5:00に起きるよう心がける。

これで肌荒れする事は少なくなりました。22時からのお肌のゴールデンタイムに、肌を休息させるようにする。
一週間に一度、ベッドの中でフェイスパックをする。横になっている方が肌が潤うという話を聞き、このやり方で行っています。
パックをした翌日は潤っているように感じています。