Category Archives: 美容

トクホじゃないのに美しくなれるプーアール茶!

最近、トクホ印のお茶をコンビニでよく見かけます。
そしてとっても気になります。
脂肪の吸収を抑え~だとか魅力的な文言が書いてありますから。

でもトクホ印がなくっても、同じような効果を持つお茶があるってご存知ですか?
それはプーアール茶です!
聞いたことありますよね、有名ですから。
でも意外と飲んだことないって方が多いんじゃないかなって思います。

一度は飲んでみて欲しいですね、あれっこんなに?って思うほど美味しいです。
喉が渇いた時に飲むようなお茶じゃありません。
丁寧に淹れて優雅な一時を過ごすための、ワインやウィスキーや紅茶のように飲むお茶です。

というのも、中国茶の一つであるプーアール茶は黒茶に分類される時間をかけて作られるお茶なんです。
そしてその効果は「脂肪の吸収を抑える」「脂肪を燃焼させる」の二つです。

トクホ印のペットボトルを傾けても、優雅にお茶を飲んでも同じような効果が得られるんですよ。
自分のためのお茶を丁寧に淹れる、つまり自分を愛してあげる時間を確保するって実は美容に一番効果があるんですよね。
お茶を飲んで物理的にダイエットしながら、精神的にも穏やかで美しくなれるプーアール茶が今一番お気に入りです。

40代でもニキビになってしまう

私が子どものころに、近所に住む男子高校生で赤い顔をした人がいました。
その人は毎日学校の帰りに、私に近寄って何かを言っていましたが、そのときにまわりにいた子どもが逃げてしまったので、嫌なことを言っていたみたいでした。
その人の赤い顔がニキビだと知ったのは、その男子高校生がニキビだよといっていたからでした。

私も高校生になってしまったら、赤い顔になるのかなと思ってしまったんです。
でも高校生になっても、ニキビで悩むことはなく高校を出てOLになってすぐにニキビで悩みました。
なので、ニキビ肌専用の化粧水や乳液を使っていました。
そのころは、何も考えていなくて会社と家の往復のような毎日でしたが、がんばって経理の仕事をしていたころのことを思いだします。

40代になっても、ナッツの入ったチョコレートを食べるとニキビになるので、困ってしまっています。
特におでこにニキビができますので、お化粧は控えています。お化粧すると悪化する感じがするからです。
メルライン
参考URL:http://www.oncebesiktas.org/

こんな年齢でもひどいニキビが顔中に出ています。

もともと若いころからずっとニキビが出ていました。
しかし大人になれば治ると信じていたのです。
でも全然改善されませんでした。
余計にひどくなったようにも思えます。

脂っこいものが大好きでお菓子も大好きです。
家族もみんなニキビオイリー肌です。
家系なのであきらめていますが、さすがにこの年齢でニキビ肌ははずかしいものです。

今はエステサロンに通ってピーリングをしています。
古い角質を排除してくれてパックをすることでつるつるの肌に生まれ変わるそうです。
せっかくエステサロンに通っているので生活習慣や食生活も改善しています。
野菜や果物を多く摂取するようにし汗をかくように努力しています。

おかげで少しづつですがニキビが減ってきています。
サロンのスタッフの方も以前はニキビに悩んでいたそうです。
でもとてもきれいな肌なので頑張って私も完治したいですね。
頑張って直して見せます。

ぽつぽつニキビは誰でもとても気になるものです。
時により痛いニキビもあります。

人とのコミュニケ―ションで見られているかなと言う不安を持つこともありますし、酷い時は人前に出る事が憂鬱になります。
ニキビが出来た時は刺激を与えないように出来るだけ化粧は控えるのがいいらしいです。

でも、社会人は身だしなみとしてノーメークでは出勤できませんし、専業主婦であっても子供の学校などにノーメークでは出かけられません。
だから毎日メークをすることになります。
メークをするとファンデなどに油分が多く含まれるので肌に刺激を与える事になり肌のストレスのもとになって大人ニキビが悪化する場合もあるそうです。

私はニキビがあるときはパウダー系のファンデを使います。
リッキッドファンデは油分が多く含まれるからです。
パウダーファンデを顔と首に指で伸ばした後に筆かスポンジで叩き込みます。

そうすると伸びもよく手で伸ばすよりも時間はかかるけれどきれいに毛穴がうまるような気がします。
ニキビがある箇所はなるべく避けられます。
このやり方だとニキビがあってもきれいにファンデがぬれます。

「あごニキビが治らない」とお悩みの女性にはあごニキビ専用商品のメルラインがおすすめです。

骨盤を整えて美肌とダイエット

骨盤がゆがんでいると、食欲が出すぎて太ったり血行など、体のめぐりもわるくなって肌荒れがしやすいんだそうです。
生理痛やPMS症状も悪化してニキビなどもできるようです。
あと骨盤がゆがんでいると姿勢が悪くなりやすいので、スタイルもすごく悪くみえてしまうので骨盤には気を使っています。

ケアの方法はお家でできるものとしてDVDを使っています。
ヨガ、自力整体、カーヴィーダンスなどです。あとは腰をなるべくよく回すようにして柔軟性が失われないように気を付けています。
一旦固くなってしまったら、伸ばしたりしても中々ダメなのでもみほぐします。

マッサージ器具は20種類くらい持っています。
気分に合わせてテレビを見たりリラクゼーションの音楽を聴きながら使いたい器具で足の末端から順番にほぐしています。

おかげで、人生で20キロ太ってしまったことが3回ありますが、姿勢がきれいだとあまり太った印象にならないのか、マックスで太っても「綺麗だね」と言われることもあります。

アンチエイジングは肌だけじゃない!

雑誌やメディアで女性のアンチエイジングの記事や特集を見る事はよくありますが、肌や体型などに関する事が多く髪の毛に関してはあまり見る事がないように思います。

私自身も肌や体型には気を使っていたのですが、年齢と共髪の毛の衰えが気になるようになりました。気になるのは何と言っても白髪です。
美容院で染めても二週間もすれば色落ちしてしまい、白髪の部分が目立たないように分け目に工夫したりしなくてはなりません。リタッチをしに頻繁に美容院に行ければいいのですが、そこまでの金銭的な余裕もありません。

なので、自分で白髪染めを試してみた事もありますが、コマーシャルや通販番組の様には上手く染まりませんでした。結局は美容院で染めてもらう事にしているのですが、金銭的に1ヶ月半から2ヶ月に1度のペースでしか行けないのが悩みの種です。

また、つむじの部分が薄くなってきて地肌が見えているのではないかという事も気になりだしました。美容師に相談すると、つむじの部分だし気にするほどではないですよと言ってはくれましたが、確実に昔よりは薄くなっているのも事実です。

髪は女の命と言いますが、年齢と共に髪の毛の悩みも増え、その命の大事さを痛感しています。

私には現在悩んでいる髪の悩みがあります。
私は毎日ちゃんとシャンプーをして髪を洗ってリンスなどをしてしっかりドライヤーで髪を乾かしているのに時間が経ったり寝たりすると髪の毛がぺったりしてふんわりした感じがなくなってしまい、他の人から見るとお風呂に入っていない人に見られてしまうほど前髪がぺったりしてしまうことがあります。

ちゃんと毎日髪を洗ってドライヤーで乾かしているのになぜかこうなってしまい悩んでいます。清潔にしているのにこうなってしまい悩んでいます。
シャンプーを変えたりリンスを使うのをやめたりいろいろ試しましたが治らず悩んでいます。
この前髪がぺったりしてしまうせいで仕事中も気になりすぎて仕事に集中できないこともあり悩んでいます。

仕事が終わったり仕事に行くときなど暇さえあれば自分の前髪を気にして鏡などで見てしまいます。
頭皮などがちゃんと洗えてないのが原因なのかと思いしっかり丁寧に洗うようにしているのですがそれでもよくなりません。
本当にすごい悩んでいます。いい方法があったら教えてほしいです。

髪の毛については、ふと「昔はよかった・・・」という言葉が口をついて出てしまうことがある。
20代半ばまでは、フラメンコをしていたこともあってではあるけれど、太さも立派で、髪の量は多すぎるくらい、黒が強い、いかにも生命力がみなぎる黒髪を長くしていた。

ところが、30代に近づくにつれて、気が付くと頭のてっぺんのあたりのボリュームが少なくなってきた上に、おでこが広かったのはあるのだれども、だんだん、ゆで卵に海苔を貼ったようという表現がぴったりのようになってきた。
髪のボリュームの減り方がこんなにもインパクトが大きいとは思わなかった。

行きつけの美容院の美容師さんに育毛の相談をすると、「もちろん、ミネラルという点では海草も大事なんですけど、もともと髪の毛はタンパク質(ケラチン)ぢゃないですか。だからね、きちんとタンパク質とかも摂取してくださいね。あ、牛肉の鉄分とかも、髪にはいいらしいですから、お肉もある程度取ってくださいね!」なんていうアドバイスを受けた。

・・・ふと、普段の生活を振り返ってみると、その年の頃は、体型も年相応に太ってきてダイエットをすることも多く、また、もともと、タンパク質を食べるのが苦手なせいもあって栄養に偏りがあったことも事実である。

髪への栄養不足は、ダイエットなどしていては致命的なのだな、と、その時ふと思った。
考えてみれば、髪の毛なんて生命の危機(=ダイエットによる栄養不足)の際、一番最初に体から見放されてしまう部位なんぢゃないかと、個人的には「ブルブル」と不安感に襲われた。

今考えてみれば、お野菜、海草などはどストライクの大好き食品ではあったけれども、お魚は少量。お肉、お豆などを避けて食べていた。
今も、タンパク質関係が苦手ではあるけれども、髪のことを考えて、良質なタンパク質を取ることを心がけるようにはなった。
相も変わらず育毛は思ったように向上が観られないのですが、40代半ばを過ぎて、今度は白髪問題が浮上してきた。

皮膚が弱いのであまり髪の毛のカラーリングをしたくないので、結んでみたりして隠しているがこれもまた隠せなくなるのは時間の問題だなと思う。
隠したくないけど、隠さないといけない・・・あるがままが美しいとはいえ、髪ばっかりは、年を取れば取るほど、悩みは深まる。
髪は女の命である。だから、髪の悩みはつきないものなのだ。

美を極めるためには食事から

近年、女性に関わらず男性からも美容に対して注目されてきています。
美容というものは人々にとって永遠の課題であって、たくさんの美容品や美容に関する本などが出ていて美容に関する話題が尽きることはありませんし、美容皮膚科など美容の専門的な病院なども人気が出てきてこれからもますます需要は高まる事だと思います。

リーズナブルな美容品からお値段が高いものまでたくさんの美容品やまた色々な美容関係の施術などを受ける事によって、美を磨くことはできますが、美を磨く上で忘れてはいけないのは食事だと考えています。
身体や肌は全て食べた物によって成り立っているので、食事で体内のデトックスを促し老廃物を排出する事によって自然に身体の中から美が生まれることになります。

どんなに高い美容品を使っても施術を受けても、食事が適当であればあっという間に効果はなくなりますし、逆に言えば食事をきちんと見直すだけでも本当に体内の中から美を極める事ができるようになります。

美は内側から

美容というと真っ先に思いつくのがスキンケアだと思います。綺麗になりたかったら良いスキンケア製品を使うことが、日本女性の間では常識なような気がします。しかし、いくら良い製品、高い製品を使ったところで、体の内側が綺麗でなかったらどんな外側からのケアも効果が出ないと思います。

例えば糖質の摂りすぎはお肌の大敵です。甘いものが好きな女性は多いと思いますが、摂りすぎは禁物です。糖化を引き起こし老化を早めるだけでなく血液をドロドロにしてしまう危険性があります。お肌の調子が悪いなあと思ったら、スキンケアの見直しよりまず食生活の見直しを図った方が良いと思います。

また、全ての栄養素をバランスよく食べること。炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、一時的に痩せたとしてもその生活をずっと続けていくことは現実的ではありません。ダイエットをしたかったら過度に糖質や脂質を摂取することを控え、適度な運動をするに限ります。

私たちの体は食べたもので出来上がっています。口に入れるもののことをもう少し気にすることで、美への近道になるんだと思います。

まつ毛エクステ・びっくり大満足

私は、月に一度まつ毛のエクステに行っています。
そうすればビューラーもマスカラもしなくていいのでとっても楽チンで、もうまつ毛エクステ無しではキツイくらいです。

この前、いつも行くそのお店に行で「カラーのエクステもできますよ」
と言われました。
どんなものか見せてもらうと、ピンクやグリーンのまつ毛です。
自分のまつ毛が全部ピンク色になったところを想像してしまい、「私には、とてもこれは無理です」と断りました。

するとお店の方は笑いながら「まつ毛全体にしなくても、目尻だけでもいいんです。
そうすることでアイシャドーを入れているように見えるんですよ」と教えてくれました。
なるほど!目尻だけならそんなに目立たないし、せっかく勧めてくれたのでやってみることにしました。

数十分目を閉じ施術をしてもらい、「はい、できました~」と鏡を見せてもらうと「うわ~、目力アップ!女子力アップ!すごい!」
自分で言うのもなんですが、目元に少し色が入るだけで、女っぽさが増しました。
もう大満足です。次回はグリーンに挑戦してみようと思っています。

いつまでもきれいでいたい

私自身は、自分がすごくきれいではないので身綺麗でいるのに努力しています。あまりお金をかけられないのですけど、ポイントポイントできちんとするようにしてます。

白髪がでるようになってからは、1カ月に1回は美容院にいくようにしたりしています。
歯の健康ときれいな口元のために歯石とりと歯の健康チェックを3カ月に1回いったりと昔は気にかけなかったところを気にかけるようになりました。
昔は、ぱっと目につく美容にお金をかけていましたが、今はぱっとは分からないけどよく見ればきちんとしていると思われるお金のかけ方になっています。

丁寧なケアをしているほうが、女子力があがる気がします。
肌がきれいとか、歯がきれいとかよく見ればきれいっていうところに力を入れています。
そういうところに力をいれているほうが、女子力がアップしそうです。

チープなものとブランドものをとりいれたりと全部チープなものにしなかったり、ブランドものにしすぎないようにしています。
力を入れすぎず、抜きすぎずがいい感じの女子だと思います。

30代の美容への努力

30歳を超えて女子力のある子とない子の差が開き始めてきたと感じます。20代の時はお手入れしてなくてもキレイな子はキレイだし、ちょっと野暮ったい感じでもスタイルでなんとかカバーをしていた気がします。

でも30代に入って、昔美人だった子が一気におばさんぽくなっていました。きっと女子力磨きをサボっていたんだと思います。毛穴も開いていて髪型もボサボサ。全体的に肌がたるんでいて、40代近くに見えるようになっていました。家事育児に追われて、外出する機会も減ったから美容はお金もかかるし興味がなくなったという事でした。

それに比べて昔ブサイクだった子は、美容に力を入れて女子力をアップさせていて30を過ぎたというのにシミひとつないツルツル美肌。メイクもきちんとしたナチュラルメイクで、髪も月一回サロンに通ってるだけあってピカピカ。エステに行ってるわけではなく、毎日家でヨガをしているとか。

2人を比べると見た目のキレイさはもちろんあるのですが、オーラというか生活のハリみたいなものも見てとれて、日々の美容への努力の大切さを痛感しました。私も仕事で疲れてメイクしたまま寝てしまう事もあるので、今日から美容パックする勢いで女子力向上を頑張ります。

色々と試しましたが今はシンプルなスキンケア

少し前までは、色々な物を沢山ためして、沢山のスキンケア用品を使用していました。肌に良い物を沢山使用した方がその分だけ、肌に良い成分が入って絶対に良いと信じていました。

しかし毎日のスキンケアに沢山の物を使用するのも時間がかかってしまって、本当に自分に合っている商品全てが自分に必要なのかが分からなくなってきました。

そして時には、使っている物が合わなくて肌荒れを起こしてしまう時があります。沢山使っているので、どれが原因で肌荒れを起こしたのかがわからない。そんな時に、もうやめてシンプルに基礎的な物だけをしっかり使おうと思い直しました。

シンプルだけできちんと肌の事を考えられていて、刺激が少ないもの。厳選して行くと、決して高いものだから良いとは限らない事にきずきました。

今ではドラックストアに売っている安い物を使用しています。そして肌の調子が良くて肌が若返ったと感じています。これからもシンプルで自分に合ったケアを続けて行く事が、自分にとって一番の美容方だと思っています。