恋愛が長続きする為の秘訣と私の体験談

私は今の夫と5年付き合って結婚をしました。
それまでの彼氏とは、3か月とか半年とか比較的短期間で別れてしまう事が多かったので、今の夫が1番長く恋愛が続いた人という事になります。
恋愛が長く続く為ににはお互いの相性も大切だと思いますが、夫との付き合いの中でいくつか秘訣があるのではないかと考えました。

まず、夫と付き合っていた時に心がけていた事はお互いが干渉しすぎないという事です。
それまで付き合っていた人とは、束縛や嫉妬が原因で喧嘩になって別れるパターンが多かったのです。
相手の事が好きで束縛する事は、度が過ぎてしまうとただの重荷になってしまう事が多いと学びました。

そこで夫と付き合っている時には、夫を信じ切るように自分に言い聞かせて、友達との飲み会や旅行にも快く送り出していました。
ベタベタな関係過ぎる事を嫌う夫にとっても私との関係は心地よい距離感だったようです。

恋愛が長続きするコツは、当たり前の事ですが相手の立場にたって相手の嫌な事はしないよう気を付ける事、そしていつまでも相手にとって心地よい存在でいられるよう努力する事ではないかなと思います。

私の親は私が13歳の時に離婚をしてしまって、そのころ心を閉ざしてしまって暗い中学生でした。
でも中学の同級生で隣の席になった男子生徒が、穏やかで優しい話し方をする人でしたので、好きになってしまったのでした。
そのころは彼に片思いをしていましたが、卒業式の前の日に彼に自分の気持ちを書いた手紙を渡して終わりだと思っていました。

でも高校生になって彼から、手紙がきてデートするようになりました。
私は彼と手を繋いで歩くだけで幸せでした。
でもそんなデートも1年で終わってしまいました。

高校を卒業してOLになって仕事が忙しくて彼と会うこともなくなりました。
でも他の人と結婚しても結婚生活がうまくいがずに、彼のことばかり考えるようになり離婚しました。

現在では初恋の彼と再会してと仲良く大人の恋愛をしています。
彼との恋愛を長続きさせるためには、とにかく彼のことを信じることだと思っています。
彼はプロのカメラマンですが、真面目で優しい人です。

恋愛というものは、ちょっとしたことで終わってしまうことも多いです。
それは、他の人の目から見れば、なんとも他愛ないことだったりします。
したがって、恋愛を長続きさせるためには、少しのことには目をつぶることも必要だと考えます。

長い間付き合っていれば、相手のマイナスの面も見えてきます。
そして、いわゆるすれ違いも起きるのです。
でも、こんなことで別れてしまうのはもったいないといえるでしょう。

相手の良い面をみつけるようにして、それを認め合うことが求められるのです。
そうすれば、会うことが楽しみにもなるのです。
そして、ときめきにもつながるといえます。

ある程度の期間、付き合うことができたというのは、いわゆるフィーリングがあっているという証拠です。
この気持は大切にするべきでしょう。
フィーリングがあうのならば、付き合いも長続きするといえます。

ちょっとしたことで別れることを考えるのは、やめたほうがいいといえます。
たまには嫌なこともあるのだと自分に言い聞かせるといいでしょう。

彼のことが大好きなのに嫌われてしまう、なんて経験はありませんか?

恋愛を長続きさせるために大事なのは、「彼といる時間を幸せに過ごす」ということ。

男性は好きな女性が、隣にいて嬉しそうにしくれていれば、それだけで満たされるものなのです。

だからといって、自分を偽るのではありません。
自分を持っていない女性はやはり飽きられてしまいます。

大切なのはお互いを尊重し、してもらったことにはきちんとお礼を言うこと。
男性は女性に感謝されることがとても嬉しいものなのです。

また受け取ることばかりを求めてはいけません。
時々、手料理などでお返しできると尚いいですね。

喧嘩をする時もあるでしょう。
そんな時は感情的になりすぎず、相手を責めるのではなく、悲しかった、傷ついたということを伝えましょう。
そして解決するまで、よく話し合いましょう。

うやむやにしてしまうと、しこりとなって後々大爆発する恐れがあります。
大丈夫。あなたは十分に魅力的で愛される価値のある女性ですよ。

参考:リビドーロゼ 口コミ

最近の女の子は全身脱毛をしている人が多い

最近気づいたんですが、女の子って結構全身脱毛している人が多いんですね。
私もワキ脱毛はしているんですが、足や腕など気にはなっていてもセルフケアでなんとかしていました。

でも、この間休みの日に女の子6人で夜食事に行ったとき、私以外の5人全員が昼間は全身脱毛に行っていたというんです!
みんな普段からおしゃれに気を使っているとは思っていたのですが、まさか全員全身脱毛しているとは思っていなかったのでびっくりしました。
全身脱毛というとすごくお金がかかるというイメージや、何年も通わなければいけないというイメージがあってなんとなく手が出せませんでした。

でもみんな口をそろえて「全身脱毛しちゃったほうが楽だよ~」って言うんです。

確かにセルフケアを続けているとどうしても肌荒れしてしまいますし、何より時間がかかって面倒です。
しかも、外出中にケアの甘さを見つけてしまうとそのとたんに帰りたくなってしまうこともありました。
キレイモっていう脱毛サロンをおすすめされたので私も全身脱毛しようかなあと思っています。

最近では家庭用脱毛器の機能がよくなってきて、気軽に自宅で脱毛ができるようになりました。
ただ、やはり効果を求めるのであれば脱毛のプロの技術と自分でする処理ではくらべものになりません。

しかも、脱毛サロンの方が安全性が高く、肌への負担も軽いので安心できます。
脱毛の効果を実感したい人や脱毛器痛みが気になる人、肌の負担を軽くしたい人は、できれば脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。
脱毛サロンでは美容脱毛を採用しているので肌トラブルも起こりにくいからです。

もちろん、家で気軽に脱毛したいという人には家庭用脱毛器を使えばいいと思います。
本音を言えば脱毛サロンに行きたいけど、ちょっと恥ずかしいということもあると思いますし、子育て中で家を空けられないこともあるでしょう。

「子供ができると子供中心になるから結婚前に脱毛サロンに行っておけばよかった・・・」

という女性の意見は少なくありませんからね。

自分の生活スタイルに合わせて、脱毛方法を選ぶのが一番ですね。

私は自分でムダ毛を処理しているんですが、満足できる処理はまず出来ません。
必ず処理残しが出来たり、肌が荒れてしまったり、処理をしても堂々と肌を見せられるような状態には処理が出来ません。

自己処理だからこんなものだと、半ば諦めもありましたが、それでも内心はどうにかきれいにしたいと思い、色々な脱毛方法を試しました。

ムダ毛を処理する時は、軽く剃ってから毛抜きで抜くんですが、とても時間も掛かり、毛穴に毛が埋もれてしまう事がありました。
それが気になって、除毛クリームを使ってみることにしたんですが、思っていたよりきれいに処理をする事が出来ました。

しかし薬液が肌にしみてしまうこともあり、1度できれいに除毛は難しく、2、3回する必要がありました。
カミソリで剃るより手間はかかりませんでしたが、何度かしないときれいにならないので、そこはちょっと面倒だと思いました。
何度か処理をするときれいになりますが、やはり1、2週間経つとムダ毛は生えてくるので、処理をする面倒はありました。
ムダ毛をきれいに、処理の手間なく処理をするには脱毛サロンが一番なのかな?と最近は考えています。

ムダ毛処理で怪我はつきものだと私は思っています。
もちろん、そんなことないほうがいいに決まっているのは分かっています。
ですが、刃物を扱っている以上、始めから終わりまで無傷というのは無理だと思います。

それに、やり始めの頃は上手くいかなくて怪我はよくしていました。
顔が一番多かった気がします。
一番見えやすい箇所にも関わらず、一番傷つけていました。
あれは恥ずかしかったですね。

年を重ねるにつれて流石に減ってはいきましたが、今やらかしたらもっと恥ずかしくなりそうです。
そんな私は、最近脚のムダ毛処理が好きかもしれません。

夏ならまだしも、冬はそこまで一生懸命脚のムダ毛処理をすることはありません。
もちろんずっと放っておくわけではありませんが、少し日を空けてやるとごっそり剃れて凄く気持ちがいいのです。
そんなことを最近は繰り返しています。

夏には決して出来ないことですね。
夏はムダ毛処理に力を入れないといけないので憂鬱です。

敏感肌・乾燥肌が悩みでもある私は日頃からお肌のお手入れをしていなければお肌ががさがさしてしまったり掻きむしってしまって赤く腫れてしまったりしてしまいます。

そんなお肌の悪化した状態の時にムダ毛が気になる部分の脱毛処理をしてしまうとお肌が痛くなってしまったりすることがあるのです。

なので、どんなにお肌のムダ毛が気になっている時でもしっかりとしたお肌の保湿ケアをしていない時には無理をして脱毛処理をしないようにしています。

無理をして脱毛処理をしてしまうとあとあとムダ毛はないすっきりお肌になったとしてもお肌のトラブルを抱えて数日を過ごさなければいけないので保湿ケアをしっかりとしてお肌を整えてから脱毛処理をすることはとっても大切なことなのです!

ムダ毛処理の前にやはり基礎となるお肌の状態を考えなければ元も子もないと思うのです。

お顔だけではなくてボディの保湿&美肌ケアをしっかりとした上で脱毛をしっかりと行うと本当のつるつるお肌が手に入るのです!

私は今まで春夏秋冬どんな季節でもムダ毛処理をしてきました。

寒い日でも服をめくって処理したり、暑い夏の日でも汗をかきながらべたべたな肌を必死になって処理したり、季節ごとによって大変な度合いが違い、結構大変でした。
10年以上その生活を続けてきて苦痛なのは苦痛でしたが、過ぎてみると意外とあっさりしていました。

結局ムダ毛処理なんて日常生活のほんのわずかでしかないんですよね。
そりゃあ今までムダ毛処理に費やしてきた時間を考えたらどんだけ人生無駄にしてるんだってことになりますが、これはこれで自分の運命、宿命なんだから仕方がないと思います。

正直言って私はムダ毛が他の人より濃いと思ってますけど、私の上を行く女性だっているし、その人はもっと苦労していると思います。
その苦労を考えたら、普段肌を見せずに生活している私のムダ毛なんて生ぬるいと思います。
ムダ毛のせいで肌を見せられないのはさすがに悩みますが、今の人生ムダ毛よりも考えることがあるってもんです。
それを考えたら処理の大変さなんてどうってことないと思いました。

気温が上がると、半袖やミニスカートの洋服を着るようになるので、除毛クリームやカミソリを使って自己処理する女性が増えるようになります。
しかし綺麗な肌になるのは一時的で、また数日経てば伸びてきますから、こんな面倒な作業を延々と繰り返すのが嫌になってきている方もあるでしょうね。

肌が敏感な人の場合は、処理後に炎症を起こしたり、ブツブツだらけになって痒くなることもあるので、肌を傷つけない脱毛がしたいなら、高性能のマシンでムダ毛を処理することが可能な、脱毛サロンへ行くことをおすすめします。
脱毛サロンでマシンを使用し、フラッシュ脱毛を行うのは、研修を済ませた優秀なスタッフばかりなので、それぞれの人の肌やムダ毛の状態に合わせた施術を行うことが出来ます。

マシンから照射される光を浴びても、軽い熱を感じるぐらいで、痛みはほとんど感じませんから、どんなデリケートな部位の脱毛であっても、安心して任せられます。
施術後の肌には保湿ローションが塗られますから、ムダ毛のない、うるおいたっぷりの美肌になりたい方は申し込むようにしましょう。
≪参考サロン≫キレイモ 町田

気が張っている時は脇から汗が出る

わたくしはわき汗が良く出ます。ゆったり寛いでいるときであれば汗は出ませんが、気が張っている時などは脇から汗が出るのです。
電話でしゃべっている時も、気を使ってしまうような相手だったら脇から垂れるのが分かるくらい出てくるのです。

二十歳になる前からそれに気が付いたのですが、感づいていなかったときに灰色のTシャツを着ていて、友人に「わきの汗すごいよ」と指摘されたこともありました。
グレーは脇汗が目立つということを気にしないで着ていたので、それ以来それは着ないようにしたのです。

そしてワキの汗を隠せるように色の白いTシャツにしてワキの汗が目立たないように注意を払うようになりました。何があってもノースリーブの服を着ていません。着てしまうと本当に汗をかいているのが分かるからです。

プールや銭湯のときは気にしなくてもいいのですが、常日頃から気を遣って着る服を選んでいます。ここまで多くなければ悩むこともないのでしょうが…。

一年中汗の悩みは無くならず、夏は気温が高い事で出る汗なのでずっと汗をかいてしまうので、やっぱりニオイを気にしてしまいます。汗をかいている時より汗を掻いた後のじとっとした蒸れた感じが気持ち悪いので、発汗しないようにするのが自分として重要な課題です。

ですが、そのまま何もケアしなければ発汗する為、予防としていろいろ使ってみましたが、発汗量を抑える物が合っていました。この制汗剤というものには、吹き付けるタイプ、スティックタイプ、ジェルタイプといった色んなものがあるのですけど、使用感・親近感では制汗スプレーが手軽です。

白くなる場合もありますが、直接素肌に塗ったり手に触れて使用したりですと手を洗ったりしないといけないし、出掛けている時にも使う事を考えたらスプレーなら、さっと取出してしゅっと気になった部分に吹き付けるだけです。
好みの香料など汗以外の部分でも楽しむことができ、加えて吹き付ければスーッと冷やしてくれるのでリフレッシュできます。

近頃気になっているのは、衣類に直接スプレーすることで、消臭してくれるイオン入りのスプレー。
一度スプレーすると次回洗う時まで臭いを抑える効果を維持することが出来るというもので、洋服だけに限らず生地や織物にも効果があるそうです。
たまにしかお洗濯できないものなどに良いかもしれません。

以前からよく汗をかくので困っているのです。特に中学の頃は学生服を着用するため、週一くらいでしか洗うことが出来なくなりました。すると汗をかけば、ニオイの心配をしなくてはいけなくなりました。

中に着るものは毎日違いますが、学生服の場合は替えの物は持っていませんでした。臭い消しスプレーで対応していましたが、コンプレックスでした。

今になっても発汗量が多いので、洋服を選ばなくてはならないのです。学生服のように洗濯ができない訳ではないので、においの不安はなくなったのです。
しかし、色の濃い洋服を着ないと汗をかいた時に目立ってしまうのです。わきだったらパットや制汗剤などで対策することができるのですが、背中のアセの場合ケアしにくいので困っているのです。

ですので、服の色を選ぶ他ないのです。さらに、夏以外に冬でも暖房がききすぎていると汗がとまりません。
だけど夏のような格好をして外出できないので困ってしまいます。
汗をかくと服を選ぶこと以外にもメイクも落ちますし、髪も乱れます。汗が出にくい性質の人っていいですよね。

>>アセカラット 通販

サカナの缶詰が素晴らしいことに最近気付いた

お魚料理を食べたいと思うのですが生のお魚を使って料理するのが億劫・・・。
生魚の臭みが気になるし調理器具にも生臭いニオイが付いて買おうという気がおきません。

ですが魚は美容にも健康にも欠かせない食材。どうしても食べたいと思って近ごろ気づいたのはサカナの缶詰が素晴らしいと言うことです。
調理した魚を缶詰にしたものは完璧です。味付も誰もが好むように上手に仕上がっているし、なんと言っても骨まで食べられるように調理されています。

圧力鍋でお魚を料理すると魚によっては骨まで柔らかくなって丸ごと食べられます。魚のカン詰めも同じように調理してあるので大きな骨も全て食することができるのです。

魚の骨にはカルシウムがいっぱい!魚の身からは豊富なタンパク質が補えます。お魚は人のからだを作ってくれる欠かせない食材だからこうやって取り入れればいいんだと気付いたのです。

最近ではサバの味噌煮や鯖の醤油煮をしょっちゅう食べています。おかずとしても優秀です。

ハタチくらいの頃は、警戒心無く紫外線にあたり、30歳の頃には育児に没頭、40代になったらなんとか自由な時間が少しずつでてきました。美容については興味を持ってはいましたが、とりあえずのスキンケアで十分という感じ。

ただ、四十歳を超えるとそうも言っていられません。しみ・しわ・くすみと課題は増えていく一方。

第一に、ストレスを解消する事。イライラしているとニキビなど肌が荒れてしまいます。
お風呂の中でゆったりとくつろぐ。音楽を聞いたりすると優雅な気持ちになる。短時間でも幸せな時を過ごせるので、ゆったりした気持ちになる時間を作る。

寝る時間はしっかり確保できるように心がける。本当なら7時間くらいはとりたいところだけど、流石にムリなので、夜の十時には寝るようにして、5:00に起きるよう心がける。

これで肌荒れする事は少なくなりました。22時からのお肌のゴールデンタイムに、肌を休息させるようにする。
一週間に一度、ベッドの中でフェイスパックをする。横になっている方が肌が潤うという話を聞き、このやり方で行っています。
パックをした翌日は潤っているように感じています。

芸能界の中でも抜群にきれいだと思う綾瀬はるかの美肌

綾瀬はるかさんは、誰しもが愛してしまう、かわいらしい美貌、高い演技力、さらに天然なところも併せ持つ女優さんです。

透き通るような真っ白なお肌は、芸能界の中でも抜群にきれいだと思います。
以前テレビで、複数のメイクさんが綾瀬はるかさんの肌を絶賛していたのを覚えています。
プロの目から見ても明らかに違うということです。

CMやドラマ映画など様々な場面でお見かけしますが、綾瀬さんが画面に登場すると、一気に華やかになり空気が変わってしまうほどです。

綾瀬さんはお若い頃からずっとテレビに出られていますが、30代になられても変わらず美肌をキープされていて、周りの同じカメラに映らなければならない女性はプレッシャーを感じていると思います。

綾瀬さんの肌は強いハリを感じ、弾力があるのに柔らかそうな、肌にとって必要な要素全てお持ちのように見えます。

女性からも男性からも憧れの対象である綾瀬はるかさんが大好きですし、ずっと応援しています。

焼き魚が食べたくなると頼んでしまうほっけの魅力

みなさんは、海鮮料理・魚料理と聞いて、一番に思いつくのはなんですか?
何が一番好きですか?

私は断然、焼き魚が好きです。
秋刀魚、鯖、鮭、鯵…焼き魚にもいろいろとありますが、私が一番好きなのはほっけです。

あのぷりぷりふわふわっとした触感や、淡白なようでいてしっかりと脂ののった味わい。
初めてほっけを食べたときは衝撃でした。

子供のころの私は、魚料理が嫌いでした。
母がよく焼いてくれたのは秋刀魚。
秋刀魚の味自体は好きなのです。
ただ…皆さんも思ったことはありませんか?
特に子供のころ、魚を食べるのはめんどくさいと。

身を崩しながら食べるのも、子供の手では一苦労。
お皿の中でぐちゃぐちゃになってしまって、とても綺麗には食べられない…。
私は小骨が口の中で刺さる感覚が非常に嫌いで、でも頑張って取ってもやっぱり小骨は取りきれず、口の中に入ってしまう…。
間違えてお腹のほうを食べてしまうと、内臓のあの苦い味。
とにかくそういうことがめんどくさくて、子供のころの私は焼き魚があまり好きではありませんでした。

その考えを変えたのがほっけです。
ある日、スーパーで母と買い物をしていた時、見たことのない魚を見つけました。
それが、ほっけ。
当時の私には見たことも聞いたこともない魚で、なぜだかすごく気になって…。
ちょうど安くなっていたこともあり、「食べてみる?」と母が買ってくれて、その日の夕飯はほっけになりました。

初めて食べた時のあの衝撃!
それからほっけが大好きになりました。
「子供でほっけが好きなんてしぶいねぇ」なんて言われましたが、それからはほっけを見つけると「買って」とせがむようになりました。

20代半ばの今となっては、焼き魚が大好きになりましたが、やはり定食屋さんや居酒屋で焼き魚が食べたい、と思うと必ずほっけを頼んでしまいます。
魚料理は本当にたくさんの種類がありますが、やっぱり私は焼き魚が一番好きです。
日本人でよかったなぁ、としみじみと思います。
でも、最近はまわりでも魚嫌いな人も増えているのでもったいないなと思ってしまいます。

おすすめ⇒魚嫌い DHAサプリ

私は魚が嫌いです。
まずあの目が気持ち悪いです。鱗とかを見ると鳥肌が立つほど嫌いです。
金魚を飼うのも嫌いで、えら呼吸している姿が苦しそうで見てられません。

勿論釣りもしません。そもそも魚を掴むことができないですし、魚が逃げようとして頑張っている姿がなんとも可哀想で我慢が出来ません。
食べる方もほとんど食べません。肉は食べるのですが、魚は食べるとしたら骨があって食べづらいですし、あとどうしても1匹丸ごととかになってしまうので、姿が見えるのでなんだか可哀想な気分がしてどうしても食べられません。白洲なんかを食べている人のことが理解できないです。

では加工品なら良いかと言うと、蒲鉾くらいなら食べられますが、その他は魚独特の淡白な味がどうも好きになれません。
小さい頃は魚嫌いということは無かったのですが、小学生くらいの頃から少しずつ嫌いになり始めて今では大嫌いです。
多分自分は気が小さくて優しい人間だからこうなってしまったのかなと思います。

好きな魚料理はアラ炊きです。アラとゆうのは有名な高級魚のアラではなくて、魚をおろした後に残る頭や中骨の周り、血合いやお腹の部分などのことですが、私はこれが大好きなんです。

残り物とゆうイメージが強く、魚屋さんではアラを詰め込んだパックが安価に売られています。
でも骨の周りやお腹の部分の身って凄く美味しいんですよね。お腹の部分ってマグロで言えば大トロの部分ですし、骨の周りは中落ちに当たりますから不味い訳がありません。

そのアラを醤油や砂糖、臭い消しでショウガを入れて炊くんですが、炊いたその日よりも翌日のほうが味が染み込んで美味しくなります。
子持ちカレイや金目鯛の煮つけなんかも好きですけど、本来捨てる部分のアラを美味しく料理して食べるってところが良いんです。

大体1パック300円~500円くらいで売られてますからお財布にも優しいのも嬉しいところです。
しかもお腹の辺りは小骨もほとんどありませんし、中骨の周りは大きな骨に身がくっ付いてますから骨から簡単に身が外れて食べやすいです。
冬場はアラにも脂がのってさらに美味しくなるので、毎週のようにアラばかり買ってます。
最近はサーモンのアラなども出回り始めてますから、そちらも1度試してみたいなと思ってます。

キレイなママを目指す

現在1歳の子供が居て、専業主婦をやっています。普段は子供と出掛けたり、買い物に出掛けたりしながら1日を過ごしていますが、社会人をやっている時に比べて、素っぴんで出掛けることも多くなり、身なりもあまり気にしなくなりました。
子供が少し落ち着き、これではダメだと思い、自分磨きをこれから頑張ろうと思い始めました。

まずは出産後、下半身が太くなった感じが否めないので、骨盤矯正を兼ねて、下半身痩せを頑張ることにしました。
できるだけ歩く機会を増やし、家ではスクワット、おしり歩きなどの運動をしています。
全身鏡を見ると、下半身太りした自分の体が写り、ますます頑張ろうという気が湧いてきます!

あとは基本的なことですが、外出時にはしっかり身なりにも気を遣うことです。
薄化粧でもいいから化粧はする、髪の毛がバサバサな場合は束ねる、毛玉や汚れは必ず取る、これらを心掛けるだけでも気分的に全然違います。
何より、子供にとって、いつまでもキレイで若々しい自慢のママと思ってもらえるよう頑張りたいと思います。

妊娠中は脱ネット依存

私はただいま第二子を妊娠中なのですが、脱携帯生活を心がけています。
第一子の妊娠中は、常に携帯とにらめっこしていました。

ちょっとでも胎動の様子がいつもと違うとすぐにインターネットで調べたり、検診結果は順調なのにそれでも何か問題があるのではないかと余計なことを調べたり、見ず知らずの人のカキコミを見て自分の旦那も浮気しているのではないかと想像して、本当に無駄な妊婦生活を過ごしてしまったと後悔しています。

最近はSNSの普及によって、なんでも周りのことがわかったりしますが、妊娠生活においては、それはストレスになり、マイナスにしかならないと思っています。

そのため、今回の第二子の妊娠を機に脱インターネット生活を始めました。
インターネットをしないことで、第一子の息子ともお腹の赤ちゃんともゆとりを持ち向き合えている気がします。

第一子の妊娠中より、あきらかにストレスも感じていないし、本当に幸せな妊娠生活を送っています。
今の時代、ネット依存になっている妊婦さんは多いと思いますが、思い切って携帯を触らないことをおすすめしたいです。
<参考商品>妊活サプリ
<URL>http://www.kalurghat.com/

心を磨くこと

以前、ある職場に勤務していた時、すでに隠居生活をされている大先輩から言われた言葉があります。
それは、「もっと自分の心を磨きなさい」と言われ、その時に色紙をいただきました。

その色紙を見るたびに、心を磨くことを意識してきました。
まだまだ、自分磨きは続いていきますが、同時に心も一緒に磨いているのだと思います。

また、心を重点的に磨くために、気になる哲学書や思想の本を読みました。
本の内容に共感でき、自分の為になる本は購入して、今も自分のバイブルのようになっています。

意識して心を磨くようにすることで、自分の周りの状況が変わってきたように思います。
それは同時に自分の心境の変化とも言えるかもしれません。

人は年齢を重ねていくと、角が取れて丸くなり、性格が穏やかになっていくようです。
中にはそうでない人もいて、歳を取っても尖がっている人もいます。

自分磨きをすることで、自分自身を成長させることができ、結果的にはそれが全ての幸福に繋がっていくような気がします。

母がタイムマシーンで戻れたなら

私は40年生きてきて、とても後悔している事がある。
誰もが思うのかもしれないが、勉強しておけばよかった!という事。
これがただ勉強しておけばよかった!とい事では無く、学校へ行っている時代。
そう、小学、中学、高校、大学、、この勉強だけしておけばよかった時代に勉強をしておけばよかった。もう大後悔である。

何とかかんとか優しい夫と巡り合えて人並みに結婚、そして子供にもこれまた何とか恵まれた。
そして子育て真っ最中なのであるが、見事に時間が無い!

勉強しろしろって子供に口煩く言っているけれど、、実は、、勉強したく無い子供も気持ちもよーくわかるのである!
しかし声を大にして子供たちに言いたい!社会で出て働くようになると何故かもっともっと知識が欲しくなる!仕事の合間に勉強しようと試みるのだが、もう会社ストレスでクタクタ。
夕飯食べてベッドでぐっすりと眠りたい。でもでも勉強がしたいのです。

休日になったらなったでやっとの休み。。。
ここで休んでおかないと月曜から疲れるという口実でまた勉強が出来ない。

だから、勉強だけしてたら良い学校時代に朝から晩まで勉強に時間が使えるその時に勉強をしてほしい!
社会に出てしみじみ思ったのだ。結婚してしみじみと思ったの。
知識は自分と家族を支える!!この大切さが子供の頃に解らなかったよ!

お母さんはタイムマシーンで昔に戻ったらいっぱい勉強するよ!
家族にたっくさん誉められながら♪